インプラント 名医 名古屋市

愛知県名古屋市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

しろもとデンタルクリニック

住所:愛知県名古屋市中区錦3-5-4 セントラルパークアネックスビル11階
名医:野村六也

 

 

⇒ 野村六也 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

 

みやじま歯科医院

住所:愛知県名古屋市熱田区玉ノ井町11-11 ファミール神宮1F
名医:宮島

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラント1回法・2回法ってどんな術式なの?

 

愛知県名古屋市でもインプラント治療という歯の治療方法って最近ではとても話題になっています。「インプラントをやった」という言葉を、知り合いから聞く機会も多いのではないのでしょうか。またもしくは、ご自身がインプラント治療をおこなうことを考えていらっしゃる、というケースも多いかと思います。そんなインプラント治療なんですが、治療といっても手術が必要になります。つまり、外科手術となるんです。そして、インプラントの外科手術には二通りの方法があるんです。その二通りの方法というのは1回法と2回法という方法なんですね。

 

その1回法と2回法にはどのような違いがあるものなのでしょうか。まず1回法という手術方法では、インプラントを埋め込んでからアバットメントの連結を行うまでの外科手術を1回のみ行うという手術方法です。そして2回法では、外科手術を2回行う、という方法になります。2回法では最初の手術ではあごの骨にインプラントを埋め込んで歯茎を一度閉じ、骨とインプラントが結合するまで待ちます。そして次の手術によってアバットメントの連結をおこなうのです。

 

インプラント1回法・2回法。それぞれのメリットとデメリットを簡単にまとめ

 

愛知県名古屋市で行うインプラント治療についてなのですが、手術を行うにあたってその術式には、大きく分けて二通りの方法があります。その方法とは1回法と2回法と呼ばれる術式。1回法とはインプラント手術を1回のみ行う方法、2回法は2回行う方法となっています。そんな1回法と2回法のインプラント手術の両方にメリットとデメリットがそれぞれ存在します

 

まず1回法でのインプラント治療についてなのですが、1回法のメリットにおいてはやはり手術の回数が1回で済むので、患者側の身体的な負担などが少なくて済むということにあります。デメリットとしては2回法に比べると感染する可能性が高くなるので、顎の状態など、必要条件のハードルも高くなります。2回法においては、1回法に比べると感染がしにくいという点や、条件も少ないので多くの人に適用できるというメリットがあります。そして逆にデメリットとしては2回手術を行わなければいけないので、どうしても負担が大きくなってしまうというところがあります。