インプラント 名医 柏市

千葉県柏市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

クレイン歯科クリニック

住所:千葉県柏市中新宿3丁目2?2
名医:鶴田 正

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラントが向かない人

 

インプラントは自分の歯を失ってしまった後でも人工的な歯を固定することができるので力を入れることができます。そのため、硬いもので食事をする際に抵抗なく食べることができて非常に良い方法ですが、インプラントが向かない人もいます。インプラントが向かない人は顎の骨がもろく、千葉県柏市で手術が受けられない人は周辺に虫歯があり、まずは虫歯の治療を行わなければならない人などが挙げられます。また歯茎の状態も悪く化膿していたりすると、インプラントが行えませんので、まずは治療を行い歯茎の状況を整えなければなりません。

 

歯周病や歯肉炎などを忘れているとインプラントが向かない人として、千葉県柏市のドクターから注意されてしまいますので、ベストな状態でインプラント手術が受けられるように取り組んでいきましょう。骨がもろくインプラントなのかな人の場合には手術そのものを受けることが困難なので、他の方法で歯を固定することになります。全ての人が必ずしもインプラント手術を受けられるわけではありませんので覚えておきましょう。必ずドクターの指示に従い、万が一、インプラントが向かないと言われてしまった場合には、解決方法を考えることが大切です。

 

虫歯治療の流れ

 

虫歯の初期には脱灰と呼ばれる状態が起こります。口の中にはたくさんの細菌がいますが、そのなかでもミュータンスレンサ球菌と乳酸桿菌が出す乳酸によって、歯の表面が溶かされるのが、脱灰状態です。甘いものを食べると虫歯になると言われていますが、ミュータンスレンサ球菌と乳酸桿菌は砂糖から乳酸をつくるからです。でも乳酸によって歯が溶かされてもまだこの段階では、再石灰化という現象が起こるのです。溶けた歯の表面も元に戻る可能性があるので、脱灰段階の虫歯の千葉県柏市での歯科治療としては、そのままにして状態を見ていくのです。

 

再石灰化は、唾液の中に含まれているカルシウムによるもので、脱灰した歯の表層下脱灰層に入り込んでいくからです。でも脱灰状態でさらに砂糖の入っている甘いものを食べると症状が進んでいって、歯の表面を覆っているエナメル質まで痛められていくと歯に穴があくことになるのです。傷ついたエナメル質は元に戻ることはできないので、歯科治療としては、その部分を削り取ってさらに虫歯が進んでいかないように詰物で塞ぐのです。詰めるものは、レジンで合成樹脂ですが、詰めたあとで、特殊な光をあてると固まるので、虫歯の穴が塞がれます。

千葉県柏市のインプラント名医・治療専門医関連ページ

千葉県千葉市
千葉県船橋市
千葉県東金市
千葉県流山市