インプラント治療の成功率

インプラント治療の成功率について

インプラント治療の成功率は経過年数とともに少なからず減少していきます。
五年成功率で見ると上の歯で89パーセント、下の歯で97パーセント。

 

十年成功率で見ると上の歯が81パーセント、下の歯が95パーセント、
十五年成功率で見ると上の歯79パーセント、下の歯88パーセントとなっています。

 

しかし近年では技術も進化し、インプラント名医によっては十五年、二十年でも、
成功率90パーセントを保っているという記録も多くあります。

 

上あごと下あごではつくりが違うので上のほうが成功率が多少低くなるようです。

 

歯科の実績などを見ていると、インプラント成功率99パーセント、
などと謳っているところもありますが、それが一年成功率なのであれば、
あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

インプラントを長く保たせるためには、
定期的に治療を受けた歯科で、検診を受けることが大切です。

 

インプラントは正しいケアを受けることで長く保たせることが出来ます。

 

成功率は歯科を選ぶ際や治療法を決める際のひとつの目安になりますが、
それだけで通う歯科を決めたり失敗するんじゃないかなどと、
不安になったりする必要はありません。