インプラント治療の保証制度

インプラント治療における保証制度について

インプラント治療には、保証制度というものを設けている場合があります。
インプラント治療は歯科治療の中ではリスクの大きなものに分類されます。

 

成功率はとても高いもののやはり100パーセントとはいきません。

 

インプラント治療のトラブルとして結合の失敗、突然ぐらつくようになった、
義歯が欠けたり割れたりした、などがあります。

 

万が一そういったトラブルやケアが必要な自体に陥った場合、
どういった治療をするのかなどの保証書を発行する医院はとても多いです。

 

例えば保証期間内にインプラント部分が損傷した場合、
修復費用を負担するなどが多いようです。

 

保証制度を確認するポイントは、
万が一のときに保証されるのはどのラインまでなのかという点です。

 

例えば再手術になった場合の麻酔代などはどうなるのかなどが挙げられます。
また、どういった場合には保証されて例外はどのような場合か、
保証は治療後いつから有効からなのかもチェックしておきましょう。

 

一般的には治療開始時から五年保証または十年保証が多いようです。

 

また、定期的な通院などインプラントを正しく使用していなければ、
保証されないなどの例外がある場合も多いです。