自由診療

インプラント治療は保険適用できるか

インプラント治療は基本的に自由診療なので保険適用外になります。
しかし2012年に一定の条件を満たした場合のみ保険が適用されることになりました。

 

その条件はあごの骨の半分以上が連続して欠損状態にあり、
それが先天性の疾患によるものと診断される場合。

 

もしくは病気や外傷などで広範囲にわたりあごの骨を欠損している場合だとされています。

 

つまり、怪我も病気もしていない健康な人が、
インプラント治療を受ける場合は基本的に保険は効きません。

 

その代わり医院独自の保証や保険をかけるという場合が多く、
万が一の際は医院側が保証してくれるなどの形があります。

 

また、インプラント治療は高額になることがほとんどなので、
医療費控除を利用することが出来ます。

 

医療費控除を利用することで治療費用はかなり軽くなりますので、
かかったお金はしっかり記録しておくようにしましょう。

 

例外として入院病棟があり当直体制が整っているようなるような、
大規模な病院であれば保険がきくこともあるようです。

 

まず病院を探す際にそういった点もしっかり確認しておくようにしましょう。