医療費控除

インプラント治療の医療費控除

インプラント治療の医療費控除は、申告によって可能です。
ただ、どんなケースでもOKかというとそうではありません。

 

治療に必要な費用でなければなりません。

 

インプラント治療を完全に審美目的でする場合は、
医療費控除の対象とはなりません。

 

インプラントの医療費控除対象

適用されるのは、矯正治療としてのインプラントで、

差し歯やかぶせ物などの高額医療費
虫歯や歯周病
入れ歯、顎関節、噛み合わせの改善などの治療
歯を失った場合のインプラント治療
発音障害の改善

・・・などが目的の矯正治療などです。

 

インプラント治療は、自由診療なので、
治療費はかなり高額になります。

 

すべての治療費を患者自身で負担するとなると莫大な金額になるので、
治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。

 

税務署へ確定申告すれば、治療費の一部が戻ってきます。

 

控除金額は、所得総額と一年間にかかった医療費の額で変わりますが、
上限は200万円になります。

 

医療費控除の申請には、領収書が必要なので、
領収書はしっかり保管しておかないといけません。

 

確定申告時に申請すれば、
場合によってはかなりの控除額がかえってきます。