インプラント治療に向いているケース

インプラント治療に向いているケース

インプラント治療に向いているケースは、
入れ歯が苦手で、合わなくて困っている人です。

 

また、職業柄、歯の見た目がきれいであることが求められる人は、
インプラント治療に向いているケースと言えます。

 

人前で話すことが多い人や、味覚が必要な職業、
陸上などのスポーツで、歯を噛みしめることが多い人にも向いています。

 

インプラント治療は、残っている自分の歯をできるだけ守っていきたい、
そして健全な自分の歯を削りたくない人に向いている治療です。

 

もちろん、顎の骨がしっかりしていて、
ヘビースモーカーでないという条件は必要になります。

 

義歯を入れてみたけど、違和感が非常に強く、
発音障害や食事をする時間が苦痛になっている人も、
またインプラント治療に向いていて、
入れ歯を入れることにコンプレックスを感じている人は是非、試してみるべきです。

 

インプラントは、顔の外観を若く保ちたいと思っている人や、
食事をおいしく食べられるようになりたい人にも向いています。

 

最初からブリッジを入れてしまうと入れ歯への第一歩になることが多いので、
初めて歯を失った人も、インプラント治療に向いているケースと言えそうです。