インプラント治療ができないケース

インプラント治療が不可能な歯・顎の状態

インプラント治療が不可能な歯の状態、顎の状態があります。

 

インプラントは、ブリッジなどのように、まわりの健康な歯を削ったり、
抜いたりする必要がないので今非常に注目されている治療法です。

 

但し、顎の状態や歯の状態如何によっては、できない場合があります。

 

インプラント治療が不可能な歯の状態というのは、歯周病などの人で、
歯周病が治ってからでないとインプラント治療はできません。

 

歯肉が弱い人は、細菌感染に対する抵抗力が弱いので、
インプラントには向いていません。

 

インプラント治療が不可能な顎の状態というのは、
骨粗しょう症などの人で、そうした人は手術には適しません。

 

糖尿病、肝臓病、腎臓病などで骨の質が柔らかい人は、
インプラントを支えることができません。

 

顎の状態が悪くてかみ合わせが悪い人も手術には適していません。

 

インプラント治療は、手術によって、
歯を失った顎骨の中に人工歯根を埋め込み、
人工歯を取り付ける方法になります。

 

そのため、歯の状態や顎の状態が悪い人は、
インプラント治療が不可能です。

 

そうした人には、ブリッジや義歯で治療を行うことになります。