インプラント治療ができるケース

インプラント治療が可能な歯・顎の状態

インプラント治療が可能な歯の状態、顎の状態というのは、
年齢的には、成長期が終わってからになります。

 

健康であれば、年齢に特に上限はなく、
糖尿病や高血圧などの疾患がある場合でも、
内科医と連携すれば、インプラント治療ができる可能性があります。

 

インプラント治療は、糖尿病、高血圧症、心臓病、肝臓病、
腎臓病、貧血などの血液疾患が重度でなければ、
大抵は治療可能です。

 

リウマチや皮膚病などでステロイドホルモンを使用していなくて、
アレルギー体質でなければ、まず問題なくできます。

 

現時点では、インプラント治療は、
すべての人が受けられるわけではありません。

 

歯や顎の骨の状態、年齢などできないケースもあります。

 

しかし、歯の状態と顎の状態が健康な人であれば、
基本的にインプラントは可能です。

 

インプラントの診査、診断には、
2次元レントゲンでは確認できない歯や顎の状態を、
3次元で正確に把握、確認できる歯科用CTや、デジタルレントゲンを用いて調べます。

 

これらの機器で精密検査を行うことで、
インプラント治療が可能かどうか、歯の状態と顎の状態をチェックします。