顎の骨の結合について

インプラントと顎の骨の関係

インプラントと顎の骨の結合は、切っても切れない関係にあります。

 

インプラント治療というのは、歯を失ってしまった顎の骨に、
チタンの人工歯根を埋め込んで骨と結合させ、
その上に人工の歯をかぶせていく治療方法だからです。

 

顎の骨の結合により、噛む力や感触まで歯を失う前のように、
再現することができるわけです。

 

インプラント手術は、最初に顎の骨の中に人口歯根を埋め込みます。

 

そして術後、6週間〜4ヶ月くらいの治癒期間をあけ、
インプラントと顎の骨が強い力で結合するのを待ちます。

 

インプラントとは、歯の治療だけに用いられる言葉ではなく、
体内に埋め込むことを意味しています。

 

心臓のペースメーカーや人工関節、美容成形のシリコン材料なども
すべてインプラントになります。

 

歯が無くなった場合、顎の骨に埋め込む人工歯根がインプラントであり、
精密な型取りを行って、人工の歯のかぶせ物を作ります。

 

インプラントの上に土台を取り付け、その上に上部構造を装着して、
かみ合わせを確認すれば完成です。

 

歯がない部位の顎の骨にインプラントを埋める方法なので、
全部の歯がなくなった場合でも適用可能です。