インプラント治療と虫歯・歯周病

虫歯・歯周病の状態によってインプラント治療の可否は変わる

インプラント治療は、どんな歯の状態であってもできるわけではありません。

 

虫歯や歯周病の状態によって、
インプラント治療の可否は変わるので注意しないといけません。

 

歯周病によって歯を失っている場合、
口の状態によっては骨を増やす手術をする必要があります。

 

歯周病によって顎の骨が減ってしまっている場合、
インプラントを埋め入れるスペースが不足するので、
インプラントを埋め入れると同時に骨を増やす手術を行います。

 

歯周病が原因で抜歯することになった場合、
インプラント治療をするのは可能です。

 

しかし、インプラント治療するにあたっては顎の骨に、
チタン製の人工歯根を埋め入れる外科手術をしないとできないのです。

 

また、歯周病に侵された状態のままでは、
インプラント治療をしても後で抜け落ちる可能性があります。

 

まずは、歯周病の治療を先に行うのが先決です。

 

虫歯についても同様で、特に重度の虫歯の場合、
炎症によって感染し、インプラントが骨と結合しないケースが考えられます。

 

インプラント治療に際しては、最初に口全体の状態を確認します。

 

外科手術前に治療すべきところがあるときは、
インプラント治療と並行して治療できるところを判断していきます。