麻酔の種類

インプラント治療における麻酔の使用

緊張感・恐怖心の緩和のために

インプラント治療は治療を受ける患者にとっては結構なストレスがかかることとなります。

 

それはインプラント治療が歯茎を切開してあごの骨にインプラントを埋め込むという、
聞いただけでも痛そうな外科手術だからです。

 

通常の歯科治療でも治療する機械や音、振動というのは嫌な人が多いものです。
インプラント治療ならなおのこと恐怖心を受ける人が多いのです。

 

そうした場合にインプラント治療では麻酔を使用する場合があります。

 

麻酔といっても全身麻酔といったものではなく
緊張感や恐怖心を緩和するために少量の精神安定剤や麻酔薬を投与するといった方法となります。

 

静脈内鎮静と笑気吸入鎮静

 

その方法には点滴を通して薬剤を投与する静脈内鎮静という方法と
鼻に吸入器を装着して笑気ガスを吸入させる笑気吸入鎮静という方法があります。

 

静脈内鎮静は歯科医師と麻酔医の二人で専任で手術を担当することとなり、
笑気吸入鎮静は医師一人で患者の全身管理と手術を行うパターンが一般的となっています。

 

これらの麻酔は歯科医師であれば誰でもできるというわけでもなく
知識があり経験を積んできた医師のみが行えるものとなっています。