インプラントの形状

インプラントの形状とそれぞれの特徴

インプラントの形状にはいくつかの種類があります。

 

スクリュータイプ

歯科インプラントでは主流となっている形状としてスクリュータイプが存在し、インプラントの直径が先端に行くほど細くなっている形状のルートタイプと、根本から先端まで太さの変わりがないストレートタイプがあります。噛むという力を骨に効率よく伝えることが可能となっています。

 

シリンダータイプ

また、ねじにらせんがついていない円筒形のシリンダータイプもあります。こちらも現状のインプラントの主流となっているものの一つです。

 

バスケットタイプ

バスケットタイプという形状も存在しています。
見た目はスクリュータイプに似ているのですが中は中空で側面に穴があるというのが特徴となっています。この穴のおかげで骨との接触面積が広くなるので結合力が強いと言われています。

 

ブレードタイプ

もうひとつ、ブレードタイプという形状があります。
以前はインプラント治療の主流として使用されていたもので板状で幅が狭く細いと言う特徴があります。そのため骨の幅が狭いところに用いることが多いようです。力が分散せずに一定のところの集中するために破損や骨吸収が起きやすいと言われています。