1回法・2回法

インプラント治療の1回法と2回法

インプラント治療の手術には1回法と2回法という方法が存在しています。

 

1回法でのインプラントの治療

1回法は外科手術を1回のみ行う方法となり、
インプラントとアパットメントを一度の手術で装着するのが特徴となります。

 

1回法は術後、インプラントの上に歯肉が露出状態となっており、
この状態でインプラントとあごの骨が結合するのを待つこととなります。

 

1回法では歯肉を切開することなく人工歯を装着することが可能となります。

 

2回法でのインプラントの治療

2回法は外科手術を2回行う方法となり、
多くのクリニックで採用されている標準的な方法となります。

 

1回目の手術で歯肉を切開しインプラントを埋め込んだあと、
インプラントと骨が結合するまで半年前後おいて、
2回目の手術ではアパットメントとインプラントを装着する手術を行う、
・・・というパターンとなります。

 

インプラント治療の1回法と2回法について・・・総括

治療時間は総じて1回方の方が2回法に比べて短く、
患者への負担は確かに少ないものとなってはいます。

 

そのため、1回の手術で済んだほうが楽に思えるのですが、
インプラント治療の1回法を採用するには骨が固いとか、
あごの骨の量が多いとか前提条件があるために、
希望をしても対応困難な場合が結構あるようです。