抜歯即時埋入法

インプラント治療における抜歯即時埋入法

歯即時埋入法によるインプラント治療という方法がインプラントの手術にはあります。

 

通常のインプラントの手術は一般的には2回の手術が必要となる場合が多く、インプラント治療自体が完全に終わるには最初の手術から1年程度がかかると言われています。

 

歯即時埋入法

しかし、この抜歯即時埋入法によるインプラント治療は、1回の手術で完了してしまう方法です。

 

治療期間も通常の2回の手術の場合と比べると半分弱程度の期間、4ヶ月程度で完了する治療となります。

 

抜歯即時埋入法は、抜歯をした当日にインプラントを挿入することとなります。
インプラントを挿入する際に抜歯跡を切開する必要がないので、痛みや腫れが少ないと言うのが抜歯即時埋入法の大きな特徴となります。

 

1回の手術で済むので体にかかる負担は通常の2回で行われるインプラント治療に比べると少なくて済むのですが、手術にはより高度な技術が必要とされるためにどこのクリニックでもできると言う方法ではありません。

 

また、骨の状況や歯周病の状態などによって手術が可能かどうかも変わってきます。希望をしても手術が不可能な場合もあるのです。