フラップレス術式

インプラント治療におけるフラップレス術式

インプラント治療には最新式の方法としてフラップレス術式というものがあります。

 

フラップレス術式

フラップレス術式とはインプラントの手術前にCT撮影を行い、コンピュータシュミレーションによりインプラントを埋め込む場所を適格に事前に決めてしまう方法となります。

 

そのため、歯肉を切開する量も減り、痛みや出血などの患者への負担を最小限に抑えることができるインプラント治療の方法となります。

 

フラップレス術式を採用することにより、通常のインラント治療と比べると切開、剥離、縫合と言った一連の術作業を大幅に削減することが可能となってきます。

 

そのため、大きな出血もなく痛みや腫れを伴うこともないので患者にとってはメリットが大きな治療法であると言えます。

 

ただし、フラップレス術式はかなり高度な手術となるので歯科医師の能力として長けている信用の置ける歯科医院へ行って治療を受けることが大切です。

 

また、患者自身の問題として十分な歯肉があることや、重篤な全身疾患を持ち合わせていないということが治療の前提条件となりますので、望んでも対応が出来ない場合もあるようです。