インプラント治療について

インプラント治療とは

歯科治療のひとつにインプラント治療というものがあります。

 

インプラントとは、抜けてしまった永久歯の変わりに、
人工の歯を埋め込むことを指します。

 

人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせることで、
自然な仕上がりになることが特徴で、第二の永久歯との言われています。

 

歯には歯根という、歯をあごに定着させる部分があります。
インプラントではあごの骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込みます。

 

こういった方法は歯科医療においてはインプラント以外にはありません。

 

インプラントは人工歯根と歯茎の上の歯の部分、
そしてその二箇所をつなぐパーツから出来ています。

 

入れ歯などと違い、自分の歯として過ごすことができるので、
若い方などに支持されている治療法です。

 

一昔前までは超高額治療でしたが、
近年は価格もそこまで高すぎるということもないようです。

 

最新のインプラント治療では治療後10年、20年が経過しても、
問題なくインプラントの人工歯が残存している可能性は、
なんと100パーセントに近いという研究結果が出ています。

 

入れ歯やブリッジよりは高額ですが、やって損はない治療といえるでしょう。