インプラント治療のデメリット

インプラント治療におけるデメリット

インプラント治療は義歯を用いた治療のなかで、
最も良いとされる最新治療です。

 

しかし、インプラント治療にはデメリットもある、
ということを知っておきましょう。

 

まずインプラント治療は他の歯科治療に比べると、
治療期間がかなり長くかかります。

 

あごの骨を削って歯根を埋め込み、それが定着するまでに、
最長で半年ほどが必要になります。

 

骨の状態によっては一年以上かかるケースもあるので、
しっかり計画を立てた治療が必要になってきます。

 

また、インプラント治療は基本的に保険適応外の外科手術になりますので、
医療費は高めに設定されています。

 

自由診療なので医院によって費用の差がとてもあることが注意点です。
治療を受けるにあたってはそれなりにリスクが生じることも頭に入れておきましょう。

 

歯科治療とはいえ、一種の外科手術を受けるわけです。

 

神経や血管に触れることになるので、
何が何でも絶対安全な治療法である、とはいえません。

 

インプラント治療を受けるにも条件があります。
骨の状態が良くなかったり口内に問題があったりすると、
インプラント治療は難しいことがあるようです。

 

喫煙習慣がある人はNGという医院もあるので気をつけましょう。