インプラント治療の所要期間

インプラント治療のプロセスと所要期間

インプラント治療を行う際は基本的に検査、一次オペ、
そして定着期間を経て二次オペ、装着治療という流れになります。

 

まず治療を行う前に現在の歯の状態、失っている数や部分、
また、骨格や骨の硬さ、かみ合わせなどを細かく検査します。

 

一人一人、歯の状態も違えば骨の形も違うので、
細かいカウンセリングが必要になるのです。

 

そして一回目の手術を行います。
一回目は人工の歯根を埋め込む手術になります。

 

歯茎を切開してあごの骨を削ったり穴を開けたりします。

 

その後は抜歯や消毒への通院以外は大きな治療はなく、
三ヶ月から半年ほど定着期間をおく必要があります。

 

二次オペは歯根が定着したら行います。
埋め込んだインプラントの頭の部分に連結パーツを付けていく手術です。

 

歯茎が完治したら歯の型を取って形や色を確認しながら人工歯を装着していきます。

 

インプラント治療のプロセスはこういった形が一般的です。
治療期間は全部で10ヶ月程度かかることが多いです。

 

インプラント治療を受ける際には、歯科治療を受けるというだけでなく、
一種の外科手術と考えておくようにしましょう。