インプラント 名医 広島市

広島県広島市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラントは歯槽膿漏でも大丈夫ですか?

 

インプラントは歯槽膿漏でも大丈夫かという質問をする人は、恐らくインプラントがどのように行われるのか詳しく知らないのでしょう。広島県広島市の歯槽膿漏の患者さんの場合、歯槽膿漏を治療した後でないとインプラント治療をすることができません。その理由を知るにはインプラントとは何かを知る必要があります。インプラント治療とは、チタンの棒を顎の骨の中に埋め、骨と結合するのを待った後かぶせものをするという方法です。骨の中に根っこを固定することで差し歯等他の方法に比べて良く噛める強い歯を手に入れることができ、実際に10年後の状態を比較してみると他の治療法よりも予後が1番良いのだそうです。

 

ところで歯槽膿漏とは歯周病の最終段階ともされる最悪の状態で、早急な治療が必要になるような症状です。何もしていないのに歯茎から血や膿が出たり、歯がグラグラして場合によっては抜け落ちてしまうこともあります。このような状態で先ほど説明したようにあごの骨に棒を刺したらどうなることでしょう。細菌感染などのリスクが非常に高いことが予想されますね。ですから歯槽膿漏の場合その治療が終わってからでないと広島県広島市でもインプラントはできないのです。

 

歯が折れた時の治療の選択肢

 

歯が折れた時の治療の選択肢は、その状況によります。たとえば破折といって何かで打ってしまって歯がかけてしまう場合について考えてみましょう。程度が軽く痛みもないようであれば、かけて尖った部分を磨いて舌などが触れても痛くないように整えるだけで大丈夫です。もしも冷たいものがしみる症状がみられるのなら、かけた部分をレジンと呼ばれる詰め物で埋める治療が行われるでしょう。ただ何もしなくても痛かったり、熱いものがしみたり、折れたところからの出血があったり神経が見えてしまっているようであれば神経を取るという治療がなされます。ちなみにですが、歯が折れた直後は症状が大きく出る傾向にあるため、診断が大げさになってしまうことがままあります。

 

歯を抜いたり神経を抜くような後戻りができない治療をしなければいけない場合は、一般的には消炎措置と言って腫れをおさめたり止血をしたり痛みどめを出すといった措置がとられ消炎を待つようです。そして炎症が落ち着いてから再び診断し、広島県広島市での治療法を確定するのですね。もちろん明らかに重症の場合はすぐに治療が開始することもありますから一概には言えませんが、状況に応じて色々な治療法があることは是非知っておいてください。

広島県広島市のインプラント名医・治療専門医関連ページ

広島県三原市
広島県竹原市
広島県呉市
広島県廿日市市