インプラント 名医 藤沢市

神奈川県藤沢市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

代表的なインプラント治療の流れを説明します。

 

代表的な神奈川県藤沢市でのインプラント治療の流れを説明します。インプラント治療においては人工歯根と呼ばれるネジのようなものを顎の骨に埋め込んで土台とすることがとても大切です。生来私たちがもっている歯根は歯茎の中に1つの歯につき2本しっかり食い込んでいますから、この代わりを人工歯根に務めさせるというわけです。これによって本物の歯のように強く噛むことも可能になるため、第二の永久歯と呼ばれることがあるのです。ですから骨が少なかったりもろかったりするとインプラント治療を受けられないこともあります。そしてこの人工歯根を埋め込むと、その上に自然な外観の人工歯をかぶせるという流れになります。この2つの部品はアバットメントと呼ばれるジョイント専用の部品によって固定されることとなります。

 

ちなみに神奈川県藤沢市でのインプラント治療の手術は2回に分けて行われるのが一般的です。まず1回目で歯茎を切開して顎の骨を削り、人工歯根を埋め込むところまでが行われます。そしてこの後3か月から半年時間を置き、人工歯根がしっかり定着したか確かめた後2回目の手術となるのです。2回目の手術では先に述べたアバットメントの装着が行われます。人工歯の装着は2回目の手術の1週間から6週間後です。これは手術ではないので手術回数にはカウントしていませんが、これも含めれば3つの大きな工程を辿ることになりますね。

 

気になる歯の黄ばみ・・・白くしたい

 

白かった歯が黄色くなっていく原因を知っていますか?喫煙する人が、タバコのヤニで歯が黄ばんでくるのは、理解できますよね。その他にも歯が黄色っぽくなりますが、虫歯治療に使っている金属が、唾液で溶かされていって、溶け出すこともあるのです。でも黄ばんでしまった歯は元のように白くしたいですよね。今はホワイトニング治療が進んでいて、かなり白く改善できます。そのひとつに「オフィスホワイトニング」があって、歯に薬剤を塗布する方法で、塗った上から特殊な光を当てると歯を漂白できるのです。1回の施術でかなり白くできる効果が期待できます。でもオフィスホワイトニングは、時間がたつと元にもどって、3〜10ヶ月もすると白さは半減してしまうのです。

 

ですから短期間でも歯を白くしていきたい方には、最適な方法と言えます。これは歯科医で歯を白くして貰う方法ですが、自宅でできるのが、ホームホワイトニングです。マウストレーと言って、歯を白くする薬剤をしみ込ませる器具を歯に装着させます。自宅で夜などの時間があるときに2〜3週間かけてマウストレーを装着していくと白い歯になっていきます。自宅でできるので、歯医者にいく時間がない方に向いていますし、オフィスホワイトニングよりは、長い期間に渡って歯を白くさせてくれるメリットがあります。

神奈川県藤沢市のインプラント名医・治療専門医関連ページ

神奈川県横浜市
神奈川県平塚市
神奈川県小田原市
神奈川県相模原市
神奈川県川崎市
神奈川県中郡