インプラント 名医 川崎市

神奈川県川崎市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラント1回法ってなに?

 

神奈川県川崎市でのインプラント手術は多くの場合で2回に分けて行いますが、インプラント1回法という方法もあります。こちらの方法の場合には一度でインプラントの土台部分をしっかり顎の骨に固定し、後で人工歯をつける部分も歯茎から取り出した状態にします。本来であれば人工歯をつける蓋の部分も一度歯茎に埋め込むような状態にするのですが、どうしても体力的に2回にわけられない人や、顎の骨の健康状態が悪く2回の手術には耐えられそうにないといった場合には、こちらのインプラント一回法が選択されます。

 

また、クリニックによって、遠方から神奈川県川崎市まで来院する患者様に対し、何度も足を運ぶための交通費などが大変なのでインプラント1回法を選択するということもあるようです。前述の通り2回の施術を行いませんので、その分体力的なリスク、そして経済的なリスクも少なくなっており、患者様への負担も少ない方法となります。顎の骨や歯茎の状態に応じてドクターが判断しますのでカウンセリングで詳しく聞いてみると良いでしょう。特に大きな問題がなければ基本的には2回目施術を行う方法がとられています。

 

歯根膜炎ってどんな病気?

 

歯が浮いたように感じられるとかぐらぐらしたり、歯をかみ合わせると痛みを伴ってくると歯根膜炎の可能性があります。症状がさらに悪化していくと発熱したりリンパ線が腫れていくこともあります。さらに炎症によって歯根部に膿がたまってきたりしていきます。歯根膜炎の原因は、虫歯ができているとその箇所から細菌が入っていくことから始まります。さらに細菌によって、歯髄まで侵されてしまうと歯根膜炎の発症を起こすのです。さらに歯根膜炎の原因で、細菌によるもの意外に虫歯治療による詰め物や歯列矯正に使う金具による刺激さらには打撲などによる外傷が原因となる場合もあります。

 

治療方法ですが、炎症を起こしている箇所である歯や歯根への刺激をさけるために、硬いものは食べるのを避けて行ったほうが良いのです。神奈川県川崎市の歯科医での治療としては薬物療法がありますが、消炎薬や抗菌薬を服用していきます。でもそれでも改善されない場合には、歯髄の除去をしていくことも必要です。次に細菌以外に詰め物などの物理的な刺激で歯根膜炎を発症している場合には、原因物質を取り除く治療を行います。

神奈川県川崎市のインプラント名医・治療専門医関連ページ

神奈川県横浜市
神奈川県平塚市
神奈川県小田原市
神奈川県相模原市
神奈川県藤沢市
神奈川県中郡