インプラント 名医 相模原市

神奈川県相模原市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラント歴史〜どれくらい前から行われているの?〜

 

インプラント治療の歴史は意外と古いということをご存知でしょうか。どれくらい前から行われているか、何と紀元前3世紀頃だとのことです。驚きですね。ちなみにインプラント治療とはごく簡単に言えば下部がネジのようになった人工の歯を顎の骨に打ち込んで固定する治療法です。このような治療が紀元前3世紀頃に行われていたとはにわかに信じがたいですよね。しかしこれは決して嘘ではありません。根拠があるのです。それは何かというと、紀元前3世紀頃のものとされているミイラの顎にその痕跡が見られるということです。

 

もちろん今のようにチタン製のそれではありませんが、エメラルドや象牙で作られた人工の歯が埋められていることが確認できるそうですよ。もちろんこれがインプラント治療の起源かと言われればそうではないのですが、このような古い時代から現代のインプラント治療に近い概念があったことは事実でしょう。現代のインプラント治療の始まりは1952年のスウェーデンでのことです。当時はこれをオステオインテグレーションと呼んでいたようですよ。

 

歯周病ってどんな病気なの?

 

歯の病気に歯周病がありますが、テレビや新聞などでよく耳にしますよね。それは口の中の棒気で歯周病に罹る人が多くて、歯磨きをしっかりしていくことで防げていけるからです。歯周病の原因は歯周病菌によるものですが、歯を支えている顎の骨である歯槽骨や歯根膜といって歯と歯槽骨をつなぐ部分が、歯周病菌に侵されてしまうからです。怖いのは悪化すると歯が抜け落ちてしまうまでに至っていきます。そうなってくると食事をするときに困ってしまいますから、カラダ全体の健康にも影響を与えていくのです。

 

予防法としは、まず口の中を清潔しておく為の歯磨きを怠らないことです。歯茎の血行を良くしてけるブラッシングも効果的で、細菌への抵抗力をつけていけるのです。歯周病の原因は歯垢ができていくと歯周病菌が歯に付着していって、悪化していくので、歯垢が付かないようにするためには、歯磨きで歯を清潔な状態に保つことが一番効果を発揮します。歯周病は初期のうちはあまり自覚症状がないのが特徴ですから、気が付かないうちに歯周病が悪化していって、神奈川県相模原市での治療も難しくなるのです。歯磨きのときに歯茎から血が出るなんてならないまえに、神奈川県相模原市の歯科医での定期健診も大切です。

神奈川県相模原市のインプラント名医・治療専門医関連ページ

神奈川県横浜市
神奈川県平塚市
神奈川県小田原市
神奈川県藤沢市
神奈川県川崎市
神奈川県中郡