インプラント 名医 横浜市

神奈川県横浜市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

吉田歯科クリニック

住所:神奈川県横浜市港南区港南台7-8-44
名医:吉田 健

 

 

⇒ 吉田健 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

インプラント治療の雑学コーナー

骨が足りない?インプラントで困ったときにはGBR法

 

神奈川県横浜市のインプラント治療は画期的な治療法として注目されていますが、せっかくのそれを受けられない人々がいることも事実です。たとえば骨が足りないこともその原因のひとつになります。インプラント治療はボルトのようなものを顎に固定して土台とする必要がありますから、骨が足りないというのは死活問題なのです。ですがどうしても神奈川県横浜市でインプラント治療を受けたいと困ったときにはGBR法という方法があります。これは日本語では骨誘導再生法と呼ばれる方法で、歯槽骨や顎骨などのインプラント治療に重要な骨の組織の再生を促す治療法のことです。

 

GBR法はまず通常と同じようにインプラントを埋めることから始まります。ですが骨が少ないので、このままでは通常では露出しない部分が露出した形です。ですから埋め込んだインプラントを支柱として人工メンブレンという専用の膜で覆います。これは生体材料でできており、骨組織の再生を促してくれるのです。ちなみにこの人工メンブレンが動かないように固定用のピンを打ち込む場合もあります。後は骨の再生を待つだけです。大体半年程はかかると言われています。

 

歯のブラッシング時に出血する・・・対策は?

 

歯周病になると歯磨きをするときに歯茎から出血します。歯のブラッシングをしたときに歯ブラシに血がついたりすると90%の確率で歯周病が原因と言われているのです。さらに神奈川県横浜市など成人した日本人の80%が、歯周病に罹っているそうで、悪化した状態では、歯茎が腫れていて出血を起こしやすい状態となっているのです。口の中の病気には、歯肉炎や歯周病が多く見られますが、口の中を清潔な状態に保っていくと初期の段階では改善されます。でも歯周病は歯と歯茎にとって怖い病気で、処置をしないでそのままにしておくとどんどん悪化していきます。歯の奥の骨まで影響していって、骨が溶かされてしまうと歯は抜けることになるのです。

 

また歯周病はさまざまな合併症を引き起こしていくことがあって、慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症、糖尿病、心臓病、脳卒中、癌や早産の原因にもなっていきます。そこで歯周病の改善策ですが、歯と歯茎の健康を維持するには、歯を衛生にする歯磨きと歯茎の血行を良くするブラッシングしていくことです。さらにブラッシングするときには、柔らかくて歯茎を傷つけない歯ブラシを使用する必要があります。

神奈川県横浜市のインプラント名医・治療専門医関連ページ

神奈川県平塚市
神奈川県小田原市
神奈川県相模原市
神奈川県藤沢市
神奈川県川崎市
神奈川県中郡