インプラント 名医 大阪市

大阪府大阪市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

梅田クローバー歯科クリニック

住所:大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル18F
名医:松本 正洋

 

 

⇒ 松本正洋 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

 

井上歯科クリニック

住所:大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル2F
名医:井上 淳

 

 

⇒ 井上淳 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

 

あいはら歯科・矯正歯科

住所:大阪市都島区友渕町3-1-28
名医:相原 克偉

 

 

⇒ 相原克偉 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

 

さくら歯科 針中野院

住所:大阪市東住吉区針中野3-1-30 アクティオーレ針中野101
名医:請田 裕己

 

 

⇒ 請田裕己 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラントは1本にするといくらくらい?

 

歯を無くしてしまうと料理の味もおいしく感じられなくなってしまうといわれています。そんな問題を解決する治療方法として大阪府大阪市でインプラントを挙げることができ本物の歯に近い歯を取り戻すことが可能です。しかしその分このインプラントの治療費は非常に高額となっています。治療費の総額は各医療機関にもよるとは思いますがおおむね一本あたり35〜45万円の範囲となるでしょう。この金額の内訳としては土台となる部分を顎の骨に埋める治療に10〜30万円ほどかかります。

 

この工程が終わると次は実際の歯となる部分を先ほどの土台に設置するのですがこの部分は素材が様々選べるためそれに応じて金額の上下が激しい部分となっています。金属の場合は比較的安価にすみますが見た目が本物の歯に近いセラミックは逆に高額となってしまいます。金額としては5〜20万円が相場となるでしょう。一本の治療でもかなり高額であることがわかると思います。近年に大阪府大阪市ではこのインプラントの治療費にも保険が適用できるようになっため、これから先は抜歯などの後の治療にインプラントを選択する方が増えるかもしれません。

 

セラミックの歯の種類

 

従来の金属を使った虫歯治療に変わって、今はセラミックの歯を入れる人が増えてきています。大阪府大阪市での保険治療ではセラミックは入れられませんが、長い目で見ていくと多くの点でセラミックにしたほうが良いと考えられるからです。セラミックとはいうまでもありませんが陶器で、本物の歯と近い形で作れるメリットがあります。セラミック治療をするときに一番注意するのは本物のご自分の歯の色に合わせられるので、実際に入れてみると本物の歯と殆ど変わらないのです。

 

セラミックには種類がありますが、その1つはハイブリッドセラミックです。純粋な陶器でなくて、レジン(合成樹脂)とセラミックさらに石英、ジルコニアなどを混ぜてつくります。こちらは、硬質レジンだけでつくるのとは違って耐久性や変色性が優れているのです。でもオールセラミックとは違って、全く変色しないとはいえないのです。ですから本当に良いのはオールセラミックで、100%が陶器ですから色も本物の歯に近くできます。耐久性に優れているのは最大の利点です。次がジルコニアですが、従来のセラミックは芯が金属となっていますが、芯にジルコニアという鉱物を使用していて、透明感が優れていてツヤも本物の歯に近くなってきます。