インプラント 名医 吹田市

大阪府吹田市のインプラント治療の名医・専門医を掲載

まつもと歯科

住所:大阪府吹田市山田東2-1-1
名医:松本 正洋

 

 

⇒ 松本正洋 名医の詳細・クリニック公式サイトはこちら

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

前歯のインプラントは難しい?

 

大阪府吹田市の歯のインプラント手術の中でも、特に難しい部分とされているのが門歯、いわゆる前歯の部分です。なぜ前歯のインプラント治療が難しいといわれているのかというとまず見た目に関わってくるからです。せっかく歯の再生治療と呼ばれているインプラント手術を受けたとしても周囲にインプラントだとわかってしまえばあまり快く思わない方もいると思います。最近では審美歯科という歯の見た目に関わる治療を主に行っている歯科医もよく見かけるようになったためにいかに歯の見た目に関して気にしている方が多いということがわかるのではないでしょうか。

 

しかし見た目を重視してしまうがあまりに機能性が損なわれてしまっては意味がありません。ですので見た目と機能性を両立させなければいけないという点から前歯のインプラント治療が難しいといわれている所以になっています。つまり技術的な難易度が高いということから、大阪府吹田市では前歯のインプラント治療には各医療機関によってその出来栄えに差が出てしまうことが考えられます。ですのでもし前歯のインプラント治療を行うのであればその治療を行う医療機関を厳選したほうがよいでしょう。

 

セラミックの歯のメリット&デメリット

 

虫歯になって大阪府吹田市の歯医者さんに行くと痛んだ部分をカットしてその部分に詰め物をする治療をすることになります。そのときに何を詰めるかの選択肢としては金属が支流でした。健康保険で治療ができるので、負担額は殆ど必要ないのです。でも審美性を考えるとマイナスな面が多くて、人前で大きく口を開けると目だってしまうのは誰もが嫌ですよね。そこで今はセラミック(陶器)を詰める方法が開発されていて、これなら今までの自分の歯と殆ど変わらない形の詰め物となります。

 

ですからセラミックの大きなメリットは、見た目の綺麗さにと言えます。さらに金属の詰物だと人によっては金属アレルギーの心配があります。さらに金属は酸に弱い性質を持っているので、長年に渡って使っていくと溶け出してしまうことも起こりうるのです。溶けると虫歯を悪化させるkとにもなるのです。でもセラミックは、陶器ですからその心配はありません。安心して長年に渡って使っていけるのがセラミックです。でも歯の治療に最適なセラミックと言っても保険対象外ですから自己負担で入れなければならなくて、そんなに安くないのはデメリットとなってきます。