インプラント 名医 中央区

東京都中央区のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

インプラントは自費診療になるのか

 

インプラントは自費診療になるのでしょうか。東京都中央区でのインプラント治療は、歯列矯正になるので、基本、自由診療となり、保険適応外になります。そのため、自費診療になります。しかし、医療費控除の対象となる治療もあります。平成24年4月から、国が定めた病気や外傷などで、広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合、インプラント治療が保険適用されるようになったのです。ただ、適用対象は極めて限定的で、ほとんどの場合、自費診療になります。虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合や、歯周病や加齢による顎の骨の吸収による場合は、インプラントは自費診療になります。保険診療は、だれでも平等に同じ費用で、悪くなった歯を噛めるようにすることを目的とした治療に適用されるものです。

 

東京都中央区でのインプラントが基本、自費診療になってしまうのは、インプラントを埋め込む手術が必要だからです。また、骨の量が少なく、そのままではインプラントを埋め込むことができない時、前処置として骨を増やす手術も必要になってきます。これらの手術は、環境を整え、細心の注意を払いながら行わないといけません。また、人工歯作製の際には、通常の歯型取りよりも材料が多く必要で、時間もかかります。インプラント治療は、コストや時間がかかるので、保険適用が難しいのです。

 

自分で歯石除去はできるのか?

 

自分で歯石除去はできるのか。基本的にはできないと考えた方が良いでしょう。そもそも歯石とはどのようなものかご存知でしょうか。歯石はリン酸カルシウムなどの石灰質と有機物が混ざってできたものです。有機物とは口内細菌などを指し、これらはプラークと呼ばれます。唾液に含まれる成分がプラークを歯石化させる原因ともなっており、その関係上歯の磨き残しが多い箇所に歯石はできやすいという特徴があります。食べカスだと勘違いされていることも多いようですが、前述したような成分でできている上に徐々に形成されるので除去が難しいのです。ですから素直に歯医者へ行ったほうが良いでしょう。

 

歯医者ではスケーリングという方法で歯石を除去します。スケーラーと呼ばれる針金状の特殊な器具で物理的に歯石を除去するのです。最近では超音波を使って歯石のみを崩して除去するスケーリングも出てきました。ちなみに歯石予防は自分でできます。一番大切なのは歯磨きです。プラークを溜めないように隅々まで丁寧に磨きましょう。歯磨き粉を使わないで歯磨きをするという人もたまにいるらしいですが、歯磨き粉にはピロリン酸など歯石形成の予防につながる成分が含まれているので必ず歯磨き粉は使うようにしてくださいね。