インプラント 名医 目黒区

東京都目黒区のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

20代でインプラントをしている人はいるの?

 

インプラントをしているのは、大体40代以降が多いのですが、20代でインプラントをしている人はいるのでしょうか。実際に20代でインプラントをしている人は少なからずいます。しかし、あまり若い頃からのインプラントはおすすめできません。安易に歯を削ったり、神経を取ったり、抜歯しない方がいいからです。これは、東京都目黒区にかぎらず全ての歯科医の共通した意見です。しかし、20代でも残念ながら抜歯しなければならない状況になることがあります。その際、入れ歯かブリッジ、インプラントの3つから選択しないといけません。20代で歯根破折すると、残念ながら抜歯しなければなりません。そうした場合、20代でインプラントをするケースがあります。

 

装着して間もない間は、歯肉が馴染まず、歯の色や形、歯肉の形態もバランスが悪いですが、だんだんと馴染んできます。20代でインプラントをする場合、注意しないといけないのは、これから10年、20年、30年、40年と長い人生をインプラントで乗り切らないといけない点です。自分の体の一部として安心して使っていけるよう、東京都目黒区など安心できるところで施術を受けないといけません。