インプラント 名医 練馬区

東京都練馬区のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

40代以降がインプラントをしている割合が高い?

 

インプラントというのは、40代以降がしている割合が高いといわれています。東京都練馬区で最もインプラント治療を多く行っている年代は、歯周病などが悪化しやすいとされている40代からになります。高齢になってくると、その他の病気や疾患の影響により、インプラント自体が実施できないケースが増えてくるので、インプラントと答える人の割合がかなり多くなるのが40代なのです。ただ、インプラントは、入れ歯よりも安定していてよさそうだからという意見がある反面、一方でトラブルが多そうなイメージがあるので、敬遠する人も少なくありません。まだまだ高価で気軽にできるものではないことも事実です。全部の歯をインプラントにすると数百万くらいはかかります。

 

東京都練馬区でインプラント治療を行っている人の平均年齢が比較的若い人が多いのは、入れ歯と違って天然の歯と見分けがつきにくく、見た目が良いというメリットがあるからです。40代以降がインプラントをしている割合が高いのは事実なのですが、日本ではまだまだインプラント治療を行っている人の割合は少なく、世界的に見ると非常に少ないです。歯を失った人に対して、インプラント治療を行っている人は数%ほどにすぎません。