インプラント 名医 杉並区

東京都杉並区のインプラント治療の名医・専門医を掲載

※準備中

 

 

インプラント治療の雑学コーナー

歯列矯正は、どれくらいの治療期間がかかるの?

 

歯列矯正にかかる期間というのはとても気になりますよね。これは歯列矯正がどの程度必要なのか、どのような方法で行うのかによっても異なりますし、大人と子供でも変わってきます。大人の歯列矯正でもっとも治療期間が短いと言われているデーモンシステムの場合いは、約1年〜2年程度で治療期間が終わり、保定期間として約1年〜3年程度の期間が必要になります。通院頻度は治療期間中は1〜2ヶ月に一回、保定期間中は3ヶ月ごとから半年ごとになっていきます。治療費が安いメタルブラケットの場合には治療期間は約1年〜2年、保定期間も約1年〜3年と同じですが、東京都杉並区への通院頻度が治療期間中は1ヶ月に一度が必要です。

 

目立たない歯列矯正として人気があるマウスピース歯列矯正の場合、治療期間はやはり約1年〜2年、保定期間が約1年〜3年ですが、3〜5週間ごとに通院が必要です。子どもの場合には歯列矯正に段階がありますので、一概に治療期間が決まってはいません。東京都杉並区では永久歯が生える前には顎の位置を正しい位置に誘導する治療がありますし、低学年では上あごの成長を誘導、高学年で下あごの成長を誘導、中学生くらいから本格的な歯列矯正を行うと、長期間に渡る治療が必要になるケースもあります。